山本柴﨑法律事務所
山本柴﨑法律事務所
事務所紹介

当事務所は,平成20年4月1日,最高裁判所司法研修所の民事弁護教官を同時期に務めた弁護士山本光太郎及び弁護士柴﨑晃一をパートナー弁護士として開設されました。
山本は,平成6年1月以来,約13年間に亘り,企業法務,国際法務,知的財産権の分野を中心として当事務所の前身である山本綜合法律事務所においてリーガルサービスを提供して参りました。
柴﨑は,企業法務,保険法,損害賠償(医療・学校事故・労災),破産管財・再生などの分野を中心に約20年間の実務経験を有しています。
このように山本及び柴﨑がそれぞれ異なる分野における実務経験を有していますので, 当事務所は幅広い分野に亘ってリーガルサービスを提供することができると確信しております。また,平成20年8月から,一橋大学法科大学院の上原敏夫 教授(現 一橋大学名誉教授)を客員弁護士として迎え,民事訴訟,倒産法及び民事執行法に関して法学者としての視点と分析を当事務所の実務に活かすこ とができるようになりました。さらに,平成27年4月より,有馬潤弁護士がパートナーに就任する運びとなり,より一層の活躍が期待されます。平成27年4月現在で,弁護士6名,顧問の米国弁護士(NY, D.C.)1名,行政書士1名,スタッフ4名で構成されています。
当事務所は,これらの陣容によって,従来から弁護士にとって基本的な業務である訴訟事件,倒産関係の事件処理に適切に対応するとともに,これから一層多様化する法的ニーズに迅速に応えかつ質の高いリーガルサービスを提供するために尽力致します。



© 2008 YAMAMOTO & SHIBASAKI Law Offices